• 北山 潔

「性のカタリバ・第2弾」開催しました

6月28日(日)予定通り開催しました。

参加者6名で、フリーディスカッション。

テーマ①『私が受けた性教育』

(1) 「性交」「セックス」を知ったのは、いつ、どのようなことからですか?

(2) これまで受けてきた性教育、どこで、誰に、どのような内容を教わりましたか?

(3) 性教育で「教わらなかったが、知りたかったこと」は、どんなことですか?

これらのお話を、自分自身の体験談を交えながらまじめに気軽に出し合えたのです。

このような「性」のお話を、まじめに気軽にできる場は、本当に貴重だと思います。

この「性のカタリバ」をシリーズ化して、「性教育を考える会@仙台」のイベントとしてス続けていきたいなと思います。

来月は7月23日(木祝)です。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ

©2019 by 性教育を考える会@仙台。Wix.com で作成されました。