• 北山 潔

子どもの興味に応える性教育を

思春期の子どもが性に興味本位で向き合うこと自体は、自然なことだと思います。

「興味本位」を否定するのではなく、その興味に合わせて、正しい性の知識や情報を、大人が提供することが大切なのだと思います。

「子どもの興味に応える性教育」という視点を持ちたいですね。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ

©2019 by 性教育を考える会@仙台。Wix.com で作成されました。