• 北山 潔

2019年6月23日 キッズドア東北で高校生への 性教育

6月23日に、キッズドア東北で、高校生とボランティアの大学生に向けての性教育講座を行ないました。

内容は、「性的同意」の説明と「コンドーム装着練習」の2本柱です。


後半の「コンドーム装着練習」は、出席者全員がペニスの模型にコンドームを付ける練習を行ないました。

もちろん女子も男子も、です。


最初は恥ずかしそうにしていた高校生、おそらく初めてコンドームを手にした生徒もいたことでしょう。

しかし、全員が、きちんとコンドームの装着ができるようになりました。

一度でも実際に手にとって、着ける練習をしておけば、

いざ本番、の時でも慌てないで使えるようになるだろうなと思います。

それが、正しい「避妊」につながり、意図しない妊娠を減らすことになるはずです。


本日ご参加の高校生と大学生の皆さん、そしてご協力くださったスタッフの皆さん、ありがとうございました。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ

©2019 by 性教育を考える会@仙台。Wix.com で作成されました。