• 北山 潔

2019年7月11日 児童養護施設での性教育職員研修

7月11日に、社会福祉法人 仙台キリスト教育児院の「丘の家子どもホーム」で、職員さん24名を対象に、性教育の職員研修を講師として行なってきました。


内容は、

・高校生向けの性教育セミナーをそのまま受けていただく(高校生に何を教えるのか? を知ってもらう)

・コンドームの装着練習も、同じように受けていただく

・幼児、小学生向けの性教育についてのレクチャー

・性教育の質疑応答

を行ないました。


受講した職員さんは、新卒で入ったばかりの若い職員さんから、50歳代のベテランさんまで様々ですが、若い人が多い感じでした。


コンドーム装着練習では、表裏を間違えてペニスの模型にコンドームを装着しようとして

「うまく巻き下ろせません」

と、ヘルプを求めてくる人もいました。

「表裏の見分け方」

「表裏は間違えやすい」

「巻き下ろしにくいときは、表裏を疑うこと」

の注意事項をしつこく言ったのですが、それでも間違える人が何人もいたのですね。


今回の練習ではどんどん間違えてもらいましょう。

練習で間違えると、本番では間違えなくなると思います。

だからこそ、練習するのですね。


職員さんからの性教育の質問は、何点かありましたが、私なりの回答を出しておきました。


職員さんの感想は

「ここまで踏み込んだ性教育は初めて受けました。我々が今度は、子どもたちに教える立場です。

何とか頑張って話をしてみます」

「性的同意の考え方と教え方が分かりました。

同意を確認することと共に、同意しないときははっきり断ることの重要性が理解できました」

「コンドームの使い方、私も教わったことがありませんでした。

しかしこれからは子どもに対しても、自信をもって教えることができそうです」

などがありました。

私もボランティアとして、少しでもお役に立てたことを嬉しく思い、

貴重な機会をいただけたことに感謝しております。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ