• 北山 潔

2019-12-01 性教育を考える会@仙台

12月1日(日)、予定通り開催しました。


今回は

(1)「特別支援学級での性教育」の報告を、実際の教材を使ってお話しいただきました。

分かりやすい素敵な教材で、全ての子どもに向けて伝える教材だと思います。

ただ、普通学級ではなかなか性教育のための時間が取れず、実際には満足できる性教育にはほど遠い現状です。


(2)グループに分かれてのワークショップ、ワールドカフェ方式で

1.「性で不幸になる」とは、どういうことか?

2.「性で幸せになる」とは、どういうことか?

3.それらを実現させるために、我々になにができるのか?

について、自由に会話を進めました。


結論を出す目的ではなく、脱線歓迎の、フリートークです。


始める前に、活動ルールとして

・話す自由と話さない自由を、全員が持っています

・発言を強要しないでください

・どれくらい自己開示するかは自分で決めることができます

・避けたい話題になったときは、席を外したり、部屋の外に出たりすることができます

・ここで得た個人情報は、絶対に外部に持ち出さないでください

の基本ルールをしっかり確認しました。


このような「性」に関わるテーマでの会話は、普段なされる機会がありません。

「自分はこのように考える」

「他の人はそのような考えなのか」

ということを分かり合える、貴重な機会になりました。


ご参加いただいた皆さんの、積極的なお話し合いに大いに助けられました。

さすが、「性」に対してすでにしっかり向き合っておられる方が多いと、会話は盛り上がりますね。


今後も、このワールドカフェ方式でのグループ会話を、できるだけ取り入れて、相互理解を深めたいと思います。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ

©2019 by 性教育を考える会@仙台。Wix.com で作成されました。