• 北山 潔

2020-02-24 性教育を考える会@仙台

【「コンドーム研究会」開催しました】

「性教育を考える会@仙台」の月例学びの会、2月24日に開催しました。

今回は

「コンドーム研究会」

12種類のコンドームを膨らませて、ショットグラスに被せて立てる(勃てる?)のです。


参加者は12名、一人一つコンドームを選んで、各自、膨らませてもらいました。

ショットグラスに被せて、隙間から息を吹き込んでもらったのです。

そして、パッケージに書かれている商品特徴を簡単に説明する発表を行なっていただきました。


立てて並べると、商品ごとの違いがはっきり分かりますね。

特に、オカモトの

・一番太いコンドーム「メガビッグボーイ」は直径46mm

・一番細いコンドーム「スマートボーイ」は直径31mm

並べるとその違いは歴然!!!

自分のサイズに合ったコンドームを選びましょう!


・「ラテックス」「ポリウレタン」の素材の違い

・0.01mmの薄いものと0.09mmの「ゴクアツ」の違い

・ストロベリー味の香り

などを、実際に手で触れて、その感触をしっかり感じ取っていただくことができたと思います。


休憩の後、座学で

・コンドームの失敗率

・コンドームの失敗事例

・緊急避妊について

等の知識や情報を共有しました。


最後は「性のカタリバ」

「なぜ性を語ることに恥ずかしさを感じる人が多いのか?」

について、グループごとに自由にディスカッションしていただきました。


参加者アンケートの感想で、投稿可、のものを掲載します。


・いろいろな種類のコンドームを触ってみるという経験はなかなかないので、参加してよかった。期待以上におもしろかった。

・知らないことをかなり学べた。本などもたくさん見られた。

・初参加でした。ここで出た内容をもっと多くの人に知ってもらいたいなと感じます。

・これだけじっくりとコンドームを見て、触ったことがありませんでした。男性が使うものというイメージですが、女性ももっとコンドームを知る必要があるなと思いました。

・最初は少し恥ずかしい気持ちがありましたが、他の参加者といろいろ話をする中で、コンドームに対する恥ずかしさが無くなってきました。


皆さんの積極的なご参加、ご発言で、楽しく「コンドーム研究会」を進めることができました。

余ったコンドームは皆さんに自由にお持ち帰りいただきました。

『ひとつ残らずお持ち帰り!』


ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ