• 北山 潔

2020-08-30「カウンセリング事例から見る夫婦の性生活事情」

参加者8名で8月30日に開催しました。

先日の河北新報の記事を見てのご参加が、男性2名、ありがたいことです。


リアルな性生活の相談現場のお話、とても価値ある内容でした。

自分の性生活の振り返りにもなりましたね。


竹下さんの「子連れ登壇」、抱っこしながら、お子さんをあやしながら、時には授乳しながら、それでもお話は止まらないのは、本当に素晴らしい。

参加者の中にも赤ちゃん連れの方がいらっしゃいました。

ご参加の皆さんのご協力をいただきながら『子連れで参加できる勉強会』ができました。

ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。


何よりも、講師の竹下さん、ありがとうございました。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020-09-27「性のカタリバ『月経教育どう進める?』」

9月27日、予定通り開催しました。 7名の方にご参加いただきました。 みんなでナプキンやタンポンを実際に手にしながら、月経教育の「ありたい姿」について、自由にディスカッションしました。 新たな生理用品の「月経カップ」も、現物を手にして、その感触を確かめることができたようです。 生理用品メーカーのホームページの内容に、ジェンダー固定の問題点を見つけて指摘しあうこともありました。 このような、自由なデ

©2019 by 性教育を考える会@仙台。Wix.com で作成されました。